838円 犬雅 唐草平首輪 SS レッド ペティオ PカラクサクビワSS RD ペット・ペットグッズ 犬用品 首輪・胴輪・リード 首輪 838円 犬雅 唐草平首輪 SS レッド ペティオ PカラクサクビワSS RD ペット・ペットグッズ 犬用品 首輪・胴輪・リード 首輪 SS,838円,ペット・ペットグッズ , 犬用品 , 首輪・胴輪・リード , 首輪,ペティオ,PカラクサクビワSS,唐草平首輪,/coleopteron5065644.html,RD,レッド,ioshima.com,犬雅 SS,838円,ペット・ペットグッズ , 犬用品 , 首輪・胴輪・リード , 首輪,ペティオ,PカラクサクビワSS,唐草平首輪,/coleopteron5065644.html,RD,レッド,ioshima.com,犬雅 犬雅 最新 唐草平首輪 SS レッド PカラクサクビワSS RD ペティオ 犬雅 最新 唐草平首輪 SS レッド PカラクサクビワSS RD ペティオ

犬雅 最新 唐草平首輪 SS レッド PカラクサクビワSS RD ペティオ 公式通販

犬雅 唐草平首輪 SS レッド ペティオ PカラクサクビワSS RD

838円

犬雅 唐草平首輪 SS レッド ペティオ PカラクサクビワSS RD




【返品種別A】
「返品種別」について詳しく


※仕様及び外観は改良のため予告なく変更される場合がありますので、最新情報はメーカーページ等にてご確認ください。

※諸注意
適応犬種は標準体型をもとに表示しておりますが、購入の際には必ず実測のうえ、適応サイズを確かめてお選びください。
本品は犬用です。犬以外には使用しないでください。
事故防止のため、適応サイズ・適応体重以外の犬には使用しないでください。ただし、犬の習性を十分理解したうえで、強く引く場合は適応体重に余裕のある製品を購入してください。
人やペットが破片等を誤飲しないように注意してください。万一、誤飲した場合は各医師に相談してください。
本品を正しく使用してください。使用方法の誤りや分解・修理・改造等による事故については、一切責任を負いません。
子供が使用する場合は、必ず大人が立ち会ってください。
本品は消耗品ですので、使用前には必ず点検し、6ヶ月前後を目安としてホツレ・毛羽立ち・亀裂等の傷みが目立ち始めたら新しい製品に買い替えてください。
本品は、ペットがかんだり引っかく等すると、切れたり破損します。
かみぐせのある犬には使用しないでください。
犬が嫌がる場合は、無理に使用しないでください。
本品は指が2~3本入る程度に装着し、しまり過ぎていないか、たえず点検してください。
水ぬれや摩擦等で色落ちする場合があります。特に薄い毛色の犬には注意してください。
火気や水気のそば・直射日光・高温多湿の場所をさけて保管してください。
幼児・子供・認知症の方・ペットのふれない所に保管してください。
使用後はいつも清潔に保ってください。汚れた場合は乾いた布等でふき取ってください。
ぬれた場合はカビ・サビ等の原因となりますので、水気をふき取り、陰干ししてください。暖房器具等で乾燥させないでください。
熱湯・漂白剤・ベンジン・シンナー・アルコール等は使用しないでください。

◆毎日のお散歩に気兼ねなく使える。
◆合皮と和柄を組合せた高級感あるデザイン。

【材質】
合成皮革、ポリエステル
【適応サイズ(首回り)】
20cm~25cm
【適応種】
超小型犬(~5kg)
【適応犬種】
ポメラニアン・マルチーズ・ミニチュアダックス等
【原産国】
日本


原産国:日本

ペティオ
広告文責:上新電機株式会社(06-6633-1111)


(※この説明文は市場店の記載内容です。URLはhttps://item.rakuten.co.jp/jism/で始まります。URLが異なる際はサイトを利用することのないよう十分ご注意ください。)

犬雅 唐草平首輪 SS レッド ペティオ PカラクサクビワSS RD

MENU

日本カイロプラクターズ協会(JAC)とは

- About Japanese Association of Chiropractors -

日本カイロプラクターズ協会(JAC)は1998年3月に設立されたカイロプラクティックの業者団体です。倫理規定を重視し、透明性の高い開かれた組織でWHOガイドラインに準拠した基準の教育を履修した正規のカイロプラクターのみが所属できる団体です。世界保健機関(WHO)の非政府組織(NGO)に加盟している世界カイロプラクティック連合(WFC)へ日本代表団体として1999年に加盟し、世界92ヶ国の代表の総意で決めたWFCの精神と政策を日本に伝え、実践を目指しています。

WFCの日本代表として、行政との折衝、国際交流、教育活動、啓蒙活動、科学的研究の実践を通して、我が国におけるカイロプラクティックの業務をWHO基準で発展させ、倫理規定を設けて自主規制を行い、国民が安心してカイロプラクティックを受けられるよう国内でのWHO基準に則った法制化の実現を目指して活動しています。2012年、独立行政法人国民生活センターから安全性と広告に関するガイドラインの作成を要請された後、日本広告審査機構や厚生労働省、消費者庁と連携しながら利用者の安全確保に努めています。また厚生労働省による統合医療推進事業を支援しています。