東大精神衛生教室50周年記念事業

| コメント(0) | トラックバック(0)

July7.2007b.jpg 私の出身教室である東京大学医学部精神衛生・看護学教室(大学院では精神保健学分野と精神看護学分野)の五十周年記念事業が、東京大学山上会館で開かれました。教室では、これまでこのような記念事業を行ったことがなく、教室の記録となる記念誌もまとめられていませんでした。ちょうど七夕に当たる7月7日に、百人近い同窓生が一堂に会し、「精神保健の100年~50年の到達点と今後50年の挑戦」をテーマに、同窓生中心のシンポジウムと海外ゲストを中心とした国際シンポジウムを盛大に開くことができました。私は、助教授時代にこの企画を言い出した責任上、準備委員長を仰せつかりました。当日のシンポジウムにおける私の報告はここをご参照ください。また「豊かな50年から未来への飛翔」をタイトルとする立派な50周年記念誌が完成しました。私の発刊にあたってのメッセージはここをご参照頂けると幸いです。

July7.2007.jpg

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://ioshima.com/mt-tb.cgi/164

コメントする

Twitter

このブログ記事について

このページは、tactが2007年7月 7日 13:47に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「精神保健福祉士課程修了者勉強会」です。

次のブログ記事は「日本社会福祉学会シンポジウム」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。