日本社会福祉学会シンポジウム

| コメント(0) | トラックバック(0)
大阪市立大学Sep23.2007.jpgで開催された日本社会福祉学会に参加しました。この学会では、以前若かりし頃、10年間ほど連続して一般演題の口頭発表をする「偉業」を達成したことがあります。最近数年間も、ほぼ毎年何らかの報告などをするようにしていますが、今年は、学会企画シンポジウム「地域生活支援の質とその評価の課題」の指定発言でコメントをしました。昨年度からの継続課題として、社会福祉研究におけるサービス評価の研究動向を整理し、今後の研究の方向性を議論するシンポジウムでした。私はプログラム評価の観点からコメントしましたが、この学会の全体シンポジウムでプログラム評価が取り上げられ、議論されるようになったことをとても嬉しく思いました。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://ioshima.com/mt-tb.cgi/165

コメントする

Twitter

このブログ記事について

このページは、tactが2007年9月23日 13:51に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「東大精神衛生教室50周年記念事業」です。

次のブログ記事は「EBSC福祉アウトカム指標研究班」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。