EBSC福祉アウトカム指標研究班

| コメント(0) | トラックバック(0)
今年度から4年Oct6.2007.jpg度にわたって取り組むことになる文部科学研究基盤研究の「効果的福祉実践モデル構築プログラム評価アプローチ研究」 (通称EBSC)の第2回福祉アウトカム指標研究班の研究会が、東京駅八重洲地下街BF2階の八重洲倶楽部で開かれました。この研究全体で使用する共通福祉アウトカム指標を検討する研究班で、若手中堅の「論客」や「仕事人」に集まって頂きました。八重洲倶楽部については、東京駅という東京の中心にありながら、商店会会員組織の倶楽部で、何か下町的でローカルな雰囲気がとても魅力的な場所です。会議室は、倶楽部会員の利用がない場合、1ヶ月前から予約ができるそうです

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://ioshima.com/mt-tb.cgi/166

コメントする

Twitter

このブログ記事について

このページは、tactが2007年10月 6日 13:52に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「日本社会福祉学会シンポジウム」です。

次のブログ記事は「岡上先生を偲ぶ会準備会」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。