APHA(アメリカ公衆衛生学会)に参加

| コメント(0) | トラックバック(0)
 久しぶりにワシントンDCで開催されたアメリカ公衆衛生学会(APHA)に参加して来ました。日本の公衆衛生学会もそうですが、もちろんそれ以上の巨大学会で、精神保健セクションの報告だけでも、4日間ほぼ全時間帯にプログラムが用意されています。精神保健セクションについては、精神保健福祉サービス研究、プログラム評価に関する米国最大の研究集会という位置づけを得ています。David Mechanic先生、Donald Steinwachs先生、Phyilip Leaf先生、Joseph Morrisey先生、Davis Shern先生をはじめとした大御所もお見えになっていました。私は新しいトレンドを吸収するとともに、2001-2002年に在外研究で築いた旧交を温めました。写真はExhibitionの開会を待つ会員の様子です。Exhibitionの華やかさ、規模、そしてその人を引きつける魅力には改めて圧倒されました。
Nov4.2007.jpgNov4.2007_2.jpg

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://ioshima.com/mt-tb.cgi/168

コメントする

Twitter

このブログ記事について

このページは、tactが2007年11月 4日 13:55に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「岡上先生を偲ぶ会準備会」です。

次のブログ記事は「コープランドさん来日、WRAP講演会」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。