大野和男先生最終講義

| コメント(0) | トラックバック(0)
feb23.2008.jpeg日本社会事業大学専門職大学院教授大野和男先生の最終講義がありました。日本の精神保健福祉士の歴史を築いて来た大野先生だけに、100人以上の受講者を集めて、先生がたどった道筋に関する印象深いご講義を一同感銘深く伺いました。会場には、同じ歴史を共にした寺谷隆子先生、高橋一先生、さらには日本社会事業大学の精神保健福祉士課程や通信教育課程の創設にご尽力された京極高宣元学長などもご出席され、和気藹々とした先生方の掛け合いもあるやや異例の最終講義になりました。社大の精神保健福祉士課程を担当するものとして、生きた精神保健福祉士の歴史、そして社大の精神保健福祉士の歴史を改めて知る、とても刺激的な経験をさせて頂きました。大野先生には、長年のご貢献により社大精神保健福祉士教育を築いて頂いたことに対して、改めて心より感謝を申し上げたいと存じます。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://ioshima.com/mt-tb.cgi/120

コメントする

Twitter

このブログ記事について

このページは、Tが2010年8月18日 10:45に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「第15回精神障害者リハビリテーション学会名古屋大会」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。