ウクレレ 《カラ》 KALA Scout UBASS-SCOUT-FS STORE ご予約受付中 送料無料 ONLINE ウクレレベース 物品 14107円 【ウクレレ】《カラ》 KALA Scout UBASS-SCOUT-FS 【送料無料】 【ウクレレベース】(ご予約受付中)【ONLINE STORE】 楽器・音響機器 弦楽器 アクセサリー・パーツ ウクレレ用アクセサリー・パーツ その他 ウクレレ 《カラ》 KALA Scout UBASS-SCOUT-FS STORE ご予約受付中 送料無料 ONLINE ウクレレベース 物品 楽器・音響機器 , 弦楽器 , アクセサリー・パーツ , ウクレレ用アクセサリー・パーツ , その他,【ウクレレベース】(ご予約受付中)【ONLINE,Scout,/ecarte5360394.html,【送料無料】,14107円,ioshima.com,STORE】,【ウクレレ】《カラ》,UBASS-SCOUT-FS,KALA 楽器・音響機器 , 弦楽器 , アクセサリー・パーツ , ウクレレ用アクセサリー・パーツ , その他,【ウクレレベース】(ご予約受付中)【ONLINE,Scout,/ecarte5360394.html,【送料無料】,14107円,ioshima.com,STORE】,【ウクレレ】《カラ》,UBASS-SCOUT-FS,KALA 14107円 【ウクレレ】《カラ》 KALA Scout UBASS-SCOUT-FS 【送料無料】 【ウクレレベース】(ご予約受付中)【ONLINE STORE】 楽器・音響機器 弦楽器 アクセサリー・パーツ ウクレレ用アクセサリー・パーツ その他

ウクレレ 《カラ》 KALA Scout UBASS-SCOUT-FS 公式 STORE ご予約受付中 送料無料 ONLINE ウクレレベース 物品

【ウクレレ】《カラ》 KALA Scout UBASS-SCOUT-FS 【送料無料】 【ウクレレベース】(ご予約受付中)【ONLINE STORE】

14107円

【ウクレレ】《カラ》 KALA Scout UBASS-SCOUT-FS 【送料無料】 【ウクレレベース】(ご予約受付中)【ONLINE STORE】












-KALA-
Nomad は、U・BASS シリーズのラインナップに大きな変化を巻き起こすニューモデルです。
シリーズ史上もっとも安価なモデルですが、極限まで装飾をそぎ落としたことにより、良い意
味でプレイヤーの予想を裏切るクオリティを実現しました。
トーンバランスやピッキングへの反応がよく、パンチのあるサウンドを特徴とするマホガニー
材を使用したことで、豊かな音量をもつU・BASSに仕上がっています。
Nomad U・BASS は練習からライブ演奏まで幅広く対応するモデルで、はじめての U・BASS
にもぴったりの一台です。
ギグバッグ付属。
-SPECIFICATIONS-
#8226; Mahogany Top, Back Sides
#8226; Mahogany Neck
#8226; Rosewood Fretboard Bridge
#8226; Graph Tech NuBone#174; Nut
#8226; U#8226;BASS#174; Active EQ
#8226; Aquila Thunderblack#174; Strings
#8226; Satin Finish

※画像はサンプルとなっております。実際の商品とは若干異なる場合がございますのであらかじめご了承下さい。

【ウクレレ】《カラ》 KALA Scout UBASS-SCOUT-FS 【送料無料】 【ウクレレベース】(ご予約受付中)【ONLINE STORE】

MENU

日本カイロプラクターズ協会(JAC)とは

- About Japanese Association of Chiropractors -

日本カイロプラクターズ協会(JAC)は1998年3月に設立されたカイロプラクティックの業者団体です。倫理規定を重視し、透明性の高い開かれた組織でWHOガイドラインに準拠した基準の教育を履修した正規のカイロプラクターのみが所属できる団体です。世界保健機関(WHO)の非政府組織(NGO)に加盟している世界カイロプラクティック連合(WFC)へ日本代表団体として1999年に加盟し、世界92ヶ国の代表の総意で決めたWFCの精神と政策を日本に伝え、実践を目指しています。

WFCの日本代表として、行政との折衝、国際交流、教育活動、啓蒙活動、科学的研究の実践を通して、我が国におけるカイロプラクティックの業務をWHO基準で発展させ、倫理規定を設けて自主規制を行い、国民が安心してカイロプラクティックを受けられるよう国内でのWHO基準に則った法制化の実現を目指して活動しています。2012年、独立行政法人国民生活センターから安全性と広告に関するガイドラインの作成を要請された後、日本広告審査機構や厚生労働省、消費者庁と連携しながら利用者の安全確保に努めています。また厚生労働省による統合医療推進事業を支援しています。